猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する

今日の空
灰色で
寒そう

あの空
温めてあげたい

灰色の雲を
ひとつずつつかまえて

温かいお風呂に入れてあげたい
温かいお布団を掛けてあげたい
温かいミルクを飲ませてあげたい

その存在自体を凍らせているような
あの薄灰色の空

抱きしめて
温めてあげたい・・・・


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

ライブはとっても楽しかったし、感動しました。
でも・・・感動から来るものなのかわかりませんが
ものすごく、切ない気分になってしまいました。
お友だちとの会話も弾んでいたし、
お店の雰囲気もよくて
おいしいお酒とおいしいお料理を食べて
ステキなジャズを聴いて・・・・・

あまりの感動にこんな気持ちになってしまうことなんて
あるんでしょうか。
友だちと楽しくしゃべりながらも
気持ちは泣き出したくて仕方なかった。

こんなことってあるんでしょうか・・・・・。
スポンサーサイト

テーマ:
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する

未分類

ヒーターの音
PCの音
車の音
子猫の声
  ・
  ・
  ・

お風呂場でお湯を流す音
  ・
  ・
  ・

ヒトリではないことを
確認した




FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

またまたちょっとお疲れモードに入ってます。
でも、息子がいる。
そう思うと、少しくらい辛くても
がんばらなくちゃって・・・。

といいながらも
明日はちょっとライブに行って
リフレッシュしてきます。
本当は今とっても忙しくて
とてもライブなんて行ってる余裕はナイのですが
今回は、ちょっとずるいけど若者たちに任せて
時間通りに退勤しようと思います。

みんなゆるして!!
明日の分、あさってがんばるから!!!

この記事のみを表示するセブンスコードな朝

あと5分
あと5分
と思いながら
結局大幅に遅い朝を迎える

気持ちとは裏腹な
気だるい身体は
そのまま
今どうしてもやらなければならない
お湯を沸かすという
ひとつのことのためだけに
動かす

今朝は
ミルクティーではなくて
コーヒーな気分で

クラシックではなくて
ジャズな気分で

スピーカーから
気だるく流れてきたのは

マイナーコードではなくて
セブンスコードな気分で

今日はここから
一歩たりとも
動きたくないという想いを

誰かさんの咳払いで
かき消される

それでも
今日一日
セブンスコードな気分で
のんびり
気だるく
乗り切ってみようと
頬杖つきながら
思ってみる



zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
誰かさん=息子
さて、洗濯でもしようかな。






テーマ:
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する空の下で

何日も
電気もつけず
暗い部屋の中にひとり
携帯電話だけを見つめていたキミ

そのキミが
自分で起き上がり
自分でカーテンを開け
自分で出かける決心をした

私には
いつも
何を考えてるのか
わからない

ただ
暗い部屋が
明るくなったとき
曇っていた心が
晴れに変わったことだけは
わかったよ

私はキミの
気象予報士にもなれないけれど
こうして
空が移り変わる様子だけを
空の下から
眺めているだけ

ジェット機に乗って
そのまま
遠い空の彼方へ
大きく一歩を踏み出したキミを
ただ
空の下で
見送るだけ

キミは
私の知らない空の向こうで
大きくなっていく

私は
空の下で
ただ、ただ
いつもの日常を
いつもの通り
送るだけ

キミの帰りを
待ちわびながら




vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

皆さんにご心配をおかけしました。
息子が無事に戻ってきました。
戻ってきた息子は
私の手の届かないようなところにいます。
毎日の新聞取材(それもさすがにそろそろ下火になると思いますが)
テレビにまで出るような始末。(もちろん、全国ネットではありません。)
有頂天になりすぎないで欲しいと願いながらも
嬉しい気持ちは私も一緒。
でも・・・・
相変わらず、家では無口です。><

今心配なのは・・・
授業をサボりすぎているので
卒業できるのか?・・・
こんなに騒がれてるのに
卒業できないなんてちょっと恥ずかしいよねえ。

帰国したその日のうちに例の顧問より連絡あり。
最高の結果の報告ではなく
「お母さん、這ってでも登校させてください!!」

・・・・・・・・先生・・・・・・・・
私が言って聞くものなら
こんなにサボってないと思うんですけど・・・・。




写真は横浜のビル街の合間から見える富士山です。
富士山もすっかり雪化粧ですね。
なんだか
ビルの間からニッコリしている富士山もかわいいでしょう?^^CIMG1119.jpg

テーマ:
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する初心

私の出発点にあったもの
夢だけを追いかけることに夢中だった
あのころの私

そんな私に
あるお髭のおじさんが言った




「ゆっくり、のんびりとね」




ずいぶん走りすぎちゃったな
ずいぶん飛びすぎちゃったな
ずいぶん急ぎすぎちゃったな

あのころの気持ちまで
忘れてしまうくらいに





あのころの純粋な夢と理想
少し思い出したよ


あのころに戻ることはできないけれど
あのころの自分を胸に持ちながら
夢の形は変わっていくのかもしれない



おじさん
今の私
そんなことを思っているよ




ffffffffffffffffffffffffffffffffffff
おじさんとは私の詩に曲をつけてくれた方。
相変わらず今でものらりくらりな方ですが
昨日、ゆっくりお話しする時間があって
20年前のことを思い出しました。
その話をすると、おじさんも懐かしそうに
「そんな前から、(コンサートに)来ていてくれたんだね」
と、感慨深そうに言ってくれました。
私にもいろいろなことがあった20年間
きっとそのおじさんにもいろいろなことがあった20年だったんだ
と思うと、
私の中に暖かいものが流れていくのを感じました。
走りすぎてしまう若さではなく
夢を追いかける情熱は
今の私にもまた持つことができるかもしれないと・・・。




テーマ:
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。