猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する夜色

どこを彷徨っているのかもわからない
何をがんばっているんだろうと
ふと我に返ったりする

かじかんだ手をポケットにしまって
視線の先には
破れかけたスニーカーのつま先

無理して
笑っても
自分に対する苛立ちを覚えるだけ

本当の自分が
どこにいるのかなんて
見当もつかないのに

嘘発見器のような
明るい真昼の陽の光が
矢のように
体に突き刺さる

道行く知らない人にまで
見透かされているような
私の嘘だらけの心

紫と濃紺の不透明な水彩絵の具が
空を夜色に染める時
やっと
私が私のところへ
帰ってくる



『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『

昼間の自分の失敗も
人間関係の辛いことも
夜になると
みんな心の中に沈着してくれます。
そんな夜が
今は一番好きです。

今日はお友だちとライブに出かけてきました。
友だちといるのは楽しいけれど
やっぱり、自分の人付き合いの不器用さに
落ち込んで帰ってきました。
でも、ライブでたくさん癒されてきましたよ。
ライブにサプライズゲストで
工藤直子さんがいらしていました。
大好きな工藤さん。
お目にかかるのは2度目です。
詩をひとつ朗読してくれました。
工藤さんの詩は
飾り気がなく
それでいて
奥が深く
自然に涙があふれてしまいました。

今週も1週間がんばります。




あいたくて  工藤直子
         だれかに あいたくて
         なにかに あいたくて
         生まれてきた──
         そんな気がするのだけれど

         それが だれなのか なになのか
         あえるのは いつなのか──
         おつかいの とちゅうで
         迷ってしまった子どもみたい
         とほうに くれている

         それでも 手のなかに
         みえないことづけを
         にぎりしめているような気がするから
         それを手わたさなくちゃ
         だから

         あいたくて

スポンサーサイト

この記事のみを表示する春雪

キミの笑顔を
この場所に残してくれて
ありがとう

キミの涙を
この地面に落としてくれて
ありがとう

キミの怒りを
この壁にぶつけてくれて
ありがとう

春に降る
季節はずれの雪は
キミの凸凹な道を
隠してくれるほど
降りはしないけれど

キミの心が
すぐに乾いてしまわないよう
暖かな地面に
すぐに溶けてしみこんでいくように
やさしくそっと
降ってくれる

ここで
この場所で
紙吹雪のような
春雪の中
キミを見送るよ

キミと繋いだ
手の感触を
冷ましながら




『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『

子どもたちは大人が守っているようだけど
実際には
子どもたちがそれぞれの家庭を
背負っていると想うときがあります。
明るく楽しく毎日を夢いっぱいに過ごしているようだけど
本当は精一杯、今の世の中で
子どもたちも地面に足を踏ん張って
生きているのです。
そのことを想うとき
心が締め付けられるような感覚になります。

もっともっと
わがまま言って
大人たちを手こずらせてもいいよ。
がんばれ子どもたち。

この記事のみを表示するつながり

空からおくられてくる光が
空と私をつなぐ

山からおくられてくる風が
私と山をつなぐ

海から押し寄せる波が
私と海をつなぐ

地面からそびえる木々が
私と大地をつなぐ

それらは
形のない
一見もろく見える
つながりのようだけど

私の中で
確かなものとして
存在するもの

どんな言葉や
視線や
態度よりも

ずっとずっと
確かなもの

この記事のみを表示する花季節

芽が出て
膨らんで
花が咲いて
春が来る

咲けば
自然に
笑顔が増える

北風に
すべてを
さらわれて
0(ゼロ)の心で
枯葉に雁字搦めに
なっていても

季節はめぐり
必ず訪れる
花季節


pppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppp

夕方、雷と夕立がありました。
“春雷”ですね。
みなとみらいの観覧車が雷の光に反射して
きれいでした。

♪春の雷に
散るな今すぐに
サクラ花吹雪
命つづくまで

ふきのとうの大好きな曲です。

この記事のみを表示する母の想い

想い

私の手の中に残る

生まれたばかりのキミの感触

きっと

私の人生の終わりが来るまで

消えることはないよ


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


ラヴ・ユー・フォーエバーラヴ・ユー・フォーエバー
(1997/09)
梅田 俊作、ロバート マンチ 他

商品詳細を見る


これはもしかしたら以前も、ブログで紹介したことがあるかもしれません。
母親の想いが絵本になっています。
自分がおばあちゃんになっても
息子がおじさんになっても
子どもへの愛情は変わることがないのだろうと
最近、実感しています。

本屋さんで立ち読みでもいいので
是非一度、読んでみてください。
ただし、本屋の店先で号泣する可能性99%ですのでお気をつけください。^^;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。