猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するおほしさまのティータイム

おほしさまのティータイム

おしゃべりするたび

きらきらら

あんまりわらいすぎて

おっこちた

つぎからつぎへとおっこちて

はあ~

おそらはすっかり

まっくらけ





おほしさまのティータイム

ないしょばなしで

きらきらら

となりのほしにくっついて

つながった

つぎからつぎへとつながって

はあ~

おそらにぽっかり

くびかざり






おほしさまのティータイム

そろそろかえるじかんです

おつきさまにさようなら

おやすみ・・・

むにゃむにゃ・・・

はあ~

むこうにおひさま

まってるよ






スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する

健康第一

もともとあった肩凝りや首凝り

それに伴って顎が痛かったり顎関節が痛かったり・・・。

それと同時に顎の下、首に圧迫感がずっとあった。

でもそれは、ちょっと太ってしまっていたので、

脂肪がついてしまったのと首や顎が痛かったりすることが原因だと思っていた。



でも、気になることはもう少しあって

・ご飯を飲み込みにくい

・すぐにムせる

・滑舌が悪い(子どもたちに絵本を読んでいるとき呂律が回らないようなことがしばしば)

・以前のような発声ができなくなった

・高い声(歌だけでなく、絵本を読んでいて声色を変えたい時など)がかすれる



気になってはいたけど

更年期や年齢、筋力が落ちて脂肪がついてきてしまったせいだとばかり思っていた。



けれど、最近になってそういう症状には病気が隠れていることを知った

やっぱり病院に行ってみようと思う。



寝ていても、枕を使うと顎の下の肉が邪魔で首が疲れたり寝にくかったりしていた。




脂肪のせいじゃないかも・・・。

コーラスの発表会なんかのDVDを見ると

みんな顎が上がっていてなんかおかしな格好。

人には「もう少し顎を引くといいんじゃない?」

と言われていたけれど

“顎を引く”ことそのものに違和感があり、

うまく顎が引けなかった。



病院に行くのはちょっと恐ろしいけれど

こういうことがすべて解決されるのかもしれないと思ったら

今すぐにでも行きたい!!



首の痛みや肩こりも

少しは改善されるのかもね・・・・。


テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体

この記事のみを表示する仕事漬けの毎日

今日の一言

3年間、少し緩やかに働いてきて

生活の中でも自分の時間を大切にできて

仕事が少々忙しくても、嫌なことがあっても

切り替えられるようになっていたのですが

この4月からまた以前のような生活に近づいていて

ちょっと

こんな感じです。

なるべく仕事中心の生活にならないよう

自分の時間も作っていますが

1日は24時間と決まっているので

平日は難しい><

半年前から行き始めたスポーツクラブも

4月からはほとんど行けていない・・・。

仕事自体が自分の思うようにはなかなかならず

家に帰ってきてからもどうしても仕事のことを考えてしまう・・・。

気分転換にやっていたピアノも

蓋すら開けなくなってしまった。

今の私には

唄うことがあるから

以前の私に戻りはしないけど

気をつけなくちゃ!!

テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体

この記事のみを表示する肩こり<首こり<老眼

健康第一

以前よりひどい肩こりに悩まされています。

慢性的なものなので凝っていると言いながらも

いつもはそれほど辛くはありません。

辛いときはもうすでに自分ではどうにもならない時です。


でも、最近肩凝りよりもひどいのは

首こり




自分ではかなり曲げているつもりでも

ほとんど曲がっていない

首コリって

痛いのは首だけじゃないんです。


首下の胸板がものすごく張って痛い

しかもそこから口角が引っ張られている


この間の眩暈も

首コリが直接的な原因のようだ


そんななので首コリが余計に肩凝りをひどくしているような気がする

そして

肩凝りが首コリをもひどくしている




またもや悪循環





固まらないように

常に動かすように

意識してます。


その首コリの原因のひとつになっているのが



老眼



私は生まれつきとっても視力が良く

調子がいいと2.0とか見えてしまうくらい!



なので、老眼の進みも早く

30代半ば過ぎくらいには近くがかすみ始めていました。


今まであまりによく見えていて

何も不自由がなかったので

今、見えないことがものすごくつらくて

見よう見ようとしてしまうので

尚更疲れるようです。


眼鏡をかけてはみるものの

気持ち悪くなってしまう



箸で口までご飯を運ぶとき

そのご飯が見えないという悲しさ・・・。


先日、保育園に新しいおもちゃが入った。

レゴブロックよりも小さなブロック・・。

それをはめるときにつなぎ目が見えない。


PCの文字は見えても

携帯の文字が見えない(メール返信をする気にならないのはこのせいもあるかも)


市販薬の処方箋が見えない

いろいろな商品の説明書きが見えない


自分の足の爪を切るときに

その肝心な足の爪が見えない


猫の爪を切ろうにも

猫の爪が見えない


見えないことは本当に不便です。


祖母は白内障で全く見えなかったけど

平気で近所を散歩していた

仏壇の蝋燭にマッチで火をつけていた




見えないことに慣れるとそんなすごい技が

できるようになるのだろうか。








若いままではいられないことはわかっているけれど

老化していく自分の体に

自分自身が追い付いていかない・・・。















この記事のみを表示するだらしなさ

今日の一言

心も体もくたくたです。

新年度というものは毎年そうなんだけど

しばらくこういうことから離れていたので

今年はものすごく大変に感じる




人からメールや電話をもらっても

それに返信をすることすらできない




友人たちはきっと呆れているだろう。





こうやってまた友人をなくすんだろうな。





孤独な人間を演じているようだけど

実は自分のだらしのなさが原因なのkもね。





孤独といえば

最近分かったこと





私でなく息子はもっと孤独な人生を歩むらしい




これは細木さんの占い本から・・・




それは、前世からの運命らしい




考えてみれば、
ひとりっこで
わたしの弟にも子どもはいないので
いとこもいない


私は今は親戚づきあいも全くない

祖父母、弟(息子にとっては叔父)と私

一緒には住んでないけど父親

それらの肉親が死んでしまえば

息子にとっての肉親というのは



会ったこともない腹違いの弟のみ

その子には父親違いのお兄さんたちがいるので

息子とその子が会うことは

これから先もないと思う




そんな日が来るのはまだまだ先だろうけど




それを思うと今私が感じる孤独なんて

大したことはないのかもしれないと思ってしまう




これからの時代

そんな人はたくさんいるのかもしれないけれど



そんな息子のことを考えると尚更に



寂しい・・・。







テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。