猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する回想?

遠い昔
幼い日の記憶

楽しかったこと
嬉しかったこと
そんな想い出もたくさんある

でも
必ずしも
それだけではない

それはきっと
みんな同じ

辛いことは
心の中の
小さなポケットに
知らない間にしまいこんでる

しまったのだから
思い出さなければいいのに
時々ひょっこり
何かの弾みで思い出す


uuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu

母は私を膝の上に乗せるのことを嫌がった。
私のお尻の骨が尖っていて、“痛いからあっちへ行って”と言った。
そして、弟を乗せた。

確かに小さな子どもを膝に乗せると
骨がとっても尖っていて痛い子どもがいる。
痛いな~、と思いながら
幼い日の母の言葉を思い出す。

だから、尖っている子どもも我慢してひざにのせてあg
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

長女です!!長女です!!

2人兄弟の1番上です。
そんなに気にするようなことではないけれど
時々思い出してしまいます。


ちこより

壁紙変えましたね。
僕も変えました。

悲しい子供の頃の思い出ですね。
もしかして中間子でしたか??

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。