猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する月降雨

バス停からの上り坂

肩に触れる感触に

空を見上げた




そこには

優しい横顔の半月

霧雨のように

その光を降らせ

この世界を包む




私が歩く道が

どこへ続いているのかなんて

そんなちっぽけな

堂々巡りのような想いも

溶けていくような光だ




光は

私の体に染みこんで

私の中で光りだす






ppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppp

久しぶりの詩・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

ありがとう!!!ありがとう!!!

そんなお褒めの言葉を頂くと木に登ってしまうタイプなので
調子に乗り過ぎないようにします^^;
昨夜の月があんまりやさしい光だったから・・・。
久しぶりに詩を書く気になったのだと思います。

ちこさん!テンプレも詩もなんて素敵なんでしょう*^^*
心がうるうるしてしまいました。。。
初めてちこさんの詩を読んだときの感じを思い出しました。
本当に、私の中で光りだす・・・ような感覚*^^*

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。