猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するMilk tea

半分も開かないまぶたを
朝の光りで押し開けて
戸棚やテーブルにぶつかりながら
ポットでお湯を沸かす

シューというその音を聴きながら
ベランダに目をやり
外の様子をぼんやり眺める

何時に支度をするとか
何時に出かけるとか
何時に誰か来るとか
そんなこと・・・・・
何にも考えなくていい今日一日

湯気の立ち始めたポットから
お湯を注いで
Milk Teaをつくる

お砂糖たっぷり
ミルクたっぷりの
My Milk Tea

そんな特別な
私だけの一日



スポンサーサイト

テーマ:
ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。