猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する

健康第一

もともとあった肩凝りや首凝り

それに伴って顎が痛かったり顎関節が痛かったり・・・。

それと同時に顎の下、首に圧迫感がずっとあった。

でもそれは、ちょっと太ってしまっていたので、

脂肪がついてしまったのと首や顎が痛かったりすることが原因だと思っていた。



でも、気になることはもう少しあって

・ご飯を飲み込みにくい

・すぐにムせる

・滑舌が悪い(子どもたちに絵本を読んでいるとき呂律が回らないようなことがしばしば)

・以前のような発声ができなくなった

・高い声(歌だけでなく、絵本を読んでいて声色を変えたい時など)がかすれる



気になってはいたけど

更年期や年齢、筋力が落ちて脂肪がついてきてしまったせいだとばかり思っていた。



けれど、最近になってそういう症状には病気が隠れていることを知った

やっぱり病院に行ってみようと思う。



寝ていても、枕を使うと顎の下の肉が邪魔で首が疲れたり寝にくかったりしていた。




脂肪のせいじゃないかも・・・。

コーラスの発表会なんかのDVDを見ると

みんな顎が上がっていてなんかおかしな格好。

人には「もう少し顎を引くといいんじゃない?」

と言われていたけれど

“顎を引く”ことそのものに違和感があり、

うまく顎が引けなかった。



病院に行くのはちょっと恐ろしいけれど

こういうことがすべて解決されるのかもしれないと思ったら

今すぐにでも行きたい!!



首の痛みや肩こりも

少しは改善されるのかもね・・・・。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。