猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する泥んこの思い出

今日の一言

気温が高くなってきたので、保育園では今年も泥んこあそびが始まりました。

子どもたちはどろんこ用のTシャツとパンツに着替えて、汚れを気にせずに思い切り泥んこになります!!

私だって負けずに・・・というか、先頭に立って^^/泥んこになります!!

でも、泥んこになりながら思い出すのは幼い日のこと。




私は泥んこが大嫌いな子どもでした。

家の庭にはちゃんと砂場があり、弟と私の友達はものすごくダイナミックな泥んこ遊びをいつもしていました。

ほかの遊びはいつも一緒にするのに、泥んこの時だけは仲間に入れません。

汚れるのが嫌だったのではなく、とにかく泥に触ることそのものが嫌でした。

弟たちが「キャー!キャー!」と盛り上がっているときは、いつも家の中にいました。

「一緒にやろうよ!」と誘ってくれる時もありました。

母や祖母にも「一緒にやってくればいいのに」と言われることもありました。

でも、やりませんでした。

母はよく親戚の人たちに「この子は泥んこしないのよ。弟たちは楽しそうにやってるのにね。」と

私に聞こえるように嫌味のように言っていました。

だからなのか、料理でも昔からハンバーグを作ったりするのは抵抗がありました。

ネチョネチョするものは苦手でした。



じゃあ、いつから泥んこが平気になったかというと

この仕事を始めてからです!!



泥んこのようなダイナミックな遊びは、人間が成長するうえで大切な役割があります。

それをやってこなかったのですから、私はこんなへそ曲がりなのでしょう。

でも、大人になってからでも克服できて、少しは成長できているのかな??

子どもの時ほど神経質じゃなくなったことは確かです。




今は泥んこ大好きです!!

私も泥んこで思いきり発散して、精神安定を図っているのかも!?



スポンサーサイト

テーマ:保育園の生活
ジャンル:育児

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【泥んこの思い出】まとめtyaiました【泥んこの思い出】

気温が高くなってきたので、保育園では今年も泥んこあそびが始まりました。子どもたちはどろんこ用のTシャツとパンツに着替えて、汚れを気にせずに思い切り泥んこになります!!私だって負けずに・・・というか、先頭に立って^^/泥んこになります!!でも、泥んこになり...
...この記事を表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。