猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する光の翼


ずい分小さくなった
傷跡
かすかに白く残る
傷跡
傷みさえ感じなくなっていた
眼に映らなければ
思い出すこともなくなっていた

触れたのは誰?

飛び立とうとした翼が
落雷に打たれ
折れてしまったみたいな衝撃

でも
一度傷を負ったことのある翼は
想っていたよりも
強さを増していて
強烈な落雷にさえ
それを吸収しようとする力が働く

深い傷を負ったことのある翼は
衝撃を吸収する
光の翼になろうとするのだという

そんな話は
迷信なのだろうけれど

天使のように
ふわふわとはいかなくても

蝶々のように
ひらひらとはいかくても

鳥のように
すいすいとはいかなくても

目の前に再び現れた衝撃に
怯えながらも
光の中から見下ろしていたのは
確かに私



aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

3ヶ月くらい足のこわばりが取れません。
とうとう更年期かなあ^^;

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

怠け者さんへ怠け者さんへ

>新たなる場所を目指して飛び立つんですね

そうですね。
翼があったら新しい場所も探しやすいですね。
傷を負ったことのある翼は
きっと新しい場所も探しやすくなっているのだと思います。

ちこより

リラさんへリラさんへ

はい。
翼があったら
この足ももっと軽くなるんですけど・・・。
あしつぼマッサージにでも行ってこようと思います!!

ちこより

傷はいつかは癒えます。
そして、新たなる場所を目指して飛び立つんですね。

おはようございますっ!
リラですっ(^^)!
この詩、いいなっ☆。
好きです♪。
翼は成長を続けて、
大きな強力な翼になる。
元気倍増ですっ。
足、治るといいですね。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。