猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する迷子の親子

想い

迷路の出口

見つかりますように




qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq

息子は一転二転して、何とか進級できそうです。(まだ確定ではありません。)
補習やレポートの提出などいろいろ彼なりにがんばっていたと思います。
明日の成績会議では万が一の場合と言うことで、精神科のお医者様の診断書も用意しました。
(お医者様には「このまま行くと将来統合失調症になる可能性が高い」と言われています。)

彼の迷路の出口が見つかったわけではなく
この場を何とか切り抜けられたに過ぎません。
結局は根本的なところを解決しないと
同じことが繰り返されてしまいます。

同じようなことをこれまでも何度も繰り返してきました。
もしかしたら、軽い障害もあるのかもしれないと思うことも何度もあります。
実は私はそういう子どもたちと関わる機会が日常的にあり、心理の先生の話を聞くたびに
自分の息子に当てはまることがいくつかあることを以前より感じていました。
しかし、それを今までの担任に言ってもあまり取り合ってもらえず、
担任に言われれば、私自身も考えすぎかなと思ってきました。
けれどもこう何度も同じことが繰り返されると言うことは、やはり何か問題があるのではないかと思い始めています。

今日、部活の顧問より電話を貰いました。
3学期は“まず進級することが優先”ということで部活禁止令が出されていましたが
部活を休んでいても出席日数やレポートの未提出が改善されなかったので
やっと顧問も動き出したようです。
その電話でわかったことですが、休んでいる間、部活の世話役のようなことをしてくれていた保護者の方がずっとメールで息子とやり取りをしてくれていたようです。
そのかたSさんが顧問にもいろいろ話してくださっていたようで電話の内容はこうでした。

“これからは、部活だけでなく勉強のほうも勉強のやり方から見ていきます。そして、生活面の改善なども見ていきます。Sさんからは人間関係の作りづらさがあるのではないかと言われています。その点でも部活の仲間(3人)の中で見ていきます。大学への進学も考えてやりたいので大学へ行ってから同じようなことで躓く可能性が高いです。そうならず、大学でもがんばって欲しいので私も全面的に協力していきます。”

こんな内容のことでした。





もう、涙があふれる想いでした。





どうしてよいのやら
誰に相談したらよいのやら
私自身、息子と一緒に迷子になってしまったような思いでいたので
顧問の先生のこの電話は、一筋の光のようでした。
今も涙でぐしゃぐしゃになりながらこの記事を書いています。


先生がどこまで見てくださるかはわかりませんが
息子の苦手な部分が見えてくるといいなと思います。
あとは精神科のお医者様の診察と平行しながら、いい方向に向かってくれるといいのですが。


両親の離婚と同時だったいじめや
母親の精神状態が不安定だったり、そのために私自身が両親(息子の祖父母)と断絶状態にいること、そのために生活面もかなり乱れていた時期もあります。
そのことでは、本当に責任を感じています。

また、私自身が人間関係を作るのが苦手であったりすることも
彼に輪をかけて遺伝してしまっていることも考えられます。

そして、父親が離婚するときに
「もしかしたら、また戻ってくるかもしれない」
なんていう言葉をいったので、それを信じているのになかなか帰ってこないことも不安要素につながっているような気がします。

その父親からメールがありました。
“気晴らしに一緒に出かけたい”と。

“こんなに大変な思いを毎日しているのに、楽しいところだけを持っていくのはずるいんじゃない!!!??”

と返信してやりました。

息子はまだ彼の籍に入っています。
それは“復縁もありえる”という最初の甘い判断からでした。
でも、それはありえないことはもう当に確信しています。
私自身も姓は旧姓に戻していません。
でも、籍はもう私のほうへ入れたいとお願いしてみようと思っています。

多分、拒否されるでしょうね。
裁判するとも言うでしょう。

でも、実際に育ててきたのは私です。
養ってきたのも私です。
あの人には息子を養うだけの収入も住む家もありません。
裁判しても勝てませんよね??

でも、そういう自分勝手なことを言う人です。


本当に大切なこと
気づいて欲しいなと思いますが
それは、もっともっと年をとってからなのかもしれません。




すみません。
話があっちこっちに飛びました。^^;
今日は自分の気持ち。吐き出さずにはいられませんでした。

息子はそのSさんという方の家に今顧問と一緒に行っています。
夕飯はそこでご馳走になっているそうです。
息子を支えられない母親は孤独感がありますが
こうして支えてくださる方がいることに感謝しながら
“涙入りうどん”でもひとりで食べようと思います。





スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

yumiさんへyumiさんへ

>今日は一日、ちこさんの側にいたいです。

yumiさん、ありがとうございます。
そんな言葉が、本当に心に染み入ります。
この一言だけで、私はまたがんばれます!!
職場も若い人たちばかりなので
こんな重たい悩みなんて、あまり話せません。
こうして、ネットの中だけでも受け止めてくれる人がいて
私は幸せだなと感じています。



ちこより

葉菜さんへ葉菜さんへ

葉菜さんありがとう。
たかさんもがんばっているのですね。
周りには本人の代わりができるわけではないから
“支えていく”ということの難しさを痛感しています。
たかさんが少しでも良い方向へ向かいますよう
私も影ながら祈っています。


ちこより

風折留亭さんへ風折留亭さんへ

本当にいつもありがとう。
障害って誰もが何かしらの形で持っていると思います。
でも、自分の特性を理解して、苦手な部分とうまく付き合っていく方法を、経験の中から自然に見つけ出していたと思うのですが、今の世の中は、それがしにくいのでしょうね。

>大好きですよ(^_^)
きゃあああ~~。これ、告白??
うれしいですv-345

ちこより

ちこさん
きちんとしたアドバイス
何もできない私で・・ごめん。
もしもっと近くだったら
今日は一日、ちこさんの側にいたいです。

みなさんのあったかいコメントに
な~んか私が・・^_^;です。、

なんとなく同感です。。。なんとなく同感です。。。

こんばんは。葉菜です。
一筋の光。
ほんとうにそれだけで救われた気がしますよね。
まだまだ本当の意味ではこれからなのでしょうが。

たかさんの闘病生活となんとなく重ねてしまいました。
今、整体が本人的には何かを感じるみたいでまさに一筋の光を感じているところです。

すべて吐き出してまたこれからの糧になればいいですね♪

僕の若いころを今の精神医学で言えば発達障害だったなあと思っています。

いろいろなことを経験して回り道をした孤独なときだった思いがあります。
一緒にすごしてくれる人が居たら救われただろうなあって思っていますよ。
素敵な人が現われたように思えて少しほっとしています。

僕もいろいろ書いては消しています。
共に過ごしてくれる人が居る限りきっと乗り越えることができると思う。
そんな人を少しずつふやしていけたらいいね。

大好きですよ(^_^)はははは。

10月さんへ10月さんへ

ありがとうございます。
こうしてコメントいただけるだけで元気が出てきて
またがんばろうと言う気持ちになります。
10月さんのところにはこんな生徒いないですよね。
でも、もし私の記事を読んで何か気づいたことがあったら、教えてくださいね。
小さなことでもいいから、何か前へ進める手がかりのようなものを見つけたいと思っているので・・・。
お願いします。


ちこより

こんばんは。こんばんは。

何というか・・・ちこさんが、心細さを必死に耐えてがんばってることを感じて、なにかコメントを残したくなりました。

ただ、書き始めてはみたものの、いろいろなことが浮かんでは消えて、うまくまとまりません(^^;

でも、(気持ちだけですけれども)一緒にいますからねー(^^)

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。