猫とワタシ

風の種

ここから風が生まれ あなたのところへと吹いていく

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する春雪

キミの笑顔を
この場所に残してくれて
ありがとう

キミの涙を
この地面に落としてくれて
ありがとう

キミの怒りを
この壁にぶつけてくれて
ありがとう

春に降る
季節はずれの雪は
キミの凸凹な道を
隠してくれるほど
降りはしないけれど

キミの心が
すぐに乾いてしまわないよう
暖かな地面に
すぐに溶けてしみこんでいくように
やさしくそっと
降ってくれる

ここで
この場所で
紙吹雪のような
春雪の中
キミを見送るよ

キミと繋いだ
手の感触を
冷ましながら




『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『『

子どもたちは大人が守っているようだけど
実際には
子どもたちがそれぞれの家庭を
背負っていると想うときがあります。
明るく楽しく毎日を夢いっぱいに過ごしているようだけど
本当は精一杯、今の世の中で
子どもたちも地面に足を踏ん張って
生きているのです。
そのことを想うとき
心が締め付けられるような感覚になります。

もっともっと
わがまま言って
大人たちを手こずらせてもいいよ。
がんばれ子どもたち。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。